テーマ:

詩 変換キー 坂木昌子

変換キーキーボードを打つ 軽々しく 変換キーをたたく 私自身を変換しようとする どうしても変換できない私がいる 暗転の世界 あの子もこの子も 変換できるのに 変換できたのに なぜ私が 私自身で変換できないのか 愛しすぎてしまったのか いじりすぎて 壊してしまったのか 目も耳も頭も バラバラに 分解して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂木昌子詩集 ゆめおんな

坂木昌子詩集 ゆめおんな こんぴらさんで育った少女は、すま旅館を継ぐ 筈だった••••••。作家・有吉佐和子邸での修行から 数十年、ついに彼女は詩人になった。 人生の機微をとらえた28篇を収録。 夢女が現実を歩んでいる。 ご挨拶 この度、私の生きた証として、初めての詩集「ゆめおんな」を 上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more